サーバーが海外に置かれていても違法扱いを受ける場合

日本にオンラインカジノのサーバーが置かれていることはありませんし、おかれているなら瞬時に違法扱いとなり摘発されます。そのため海外のサーバーを使って運営しているところは結構ありますが、プレイヤーにとってはこれでも違法扱いを受ける可能性があります。海外におかれていても、日本人がプレイしていることがわかれば、単純賭博罪として扱えるのです。

ネットワーク

海外サーバーでも賭博罪を問われる状況

警察が違法として扱うためには、プレイをしている状況を知らないといけません。また海外に置かれているとしても、日本人がプレイしやすいようなカジノになっていることが重要な条件になっています。これらの条件を満たしていることがなければ、違法扱いになっていても逮捕されることは無く、違法に近い合法のような扱いになります。
しかしプレイしていると判断できた上に、決済されていることが履歴などから判断することが出来る、日本人がプレイするために必要な情報が書かれているオンラインカジノと判断できる場合、プレイしていたユーザーについては単純賭博罪として逮捕できる可能性が高く、違法になる場合があります。

カジノ側から捕まることも

このようなケースは、プレイヤーよりも前にカジノを運営している人が逮捕されています。そして取り調べで情報が提示されて、実際に行っているユーザーの状況もわかるようになってきます。色々な調査をしていることで、プレイヤーがいたことを判断する証拠が見つかり、違法扱いになり逮捕できる状況となります。
普通はこうしたことが起こりませんし、オンラインカジノは海外にありますから日本警察の調査が及ぶことも殆どありません。しかし日本で決済されている証拠などがある場合は例外となり、そのユーザーが日本人なら逮捕できると判断できます。

違法なプレイをしないように気をつけよう

特に日本人を狙っているオンラインカジノが多くなっていることを知っておいてください。この問題によって逮捕されている人が出ていますし、最近になっても捕まっていることがあります。特にライブゲームが影響しているようで、この証拠を取られて逮捕されることもあります。
日本語のサポートが非常に良くなっている、ライブゲームでも楽しみやすいように作られていて、日本語でディーラーが呼びかけを行っているのは危険です。これらは逮捕される可能性を高めてしまい、かなりの確率で違法とされてしまうケースが出ています。