ネットカジノは摘発される!?その疑問にお答えしましょう!

投稿者:

先日の誤送金事件の発生から、ニュースでもネットカジノと違法性について触れられ、「ネットカジノってヤバい?プレイすると摘発される?」というような声がSNS上で良く見かけられます。

実は、正式なライセンスを取得している海外ネットカジノをプレイする分には違法性は無く、摘発されたりする心配もないというのが業界の常識です。

ですが、日本においてカジノをプレイして摘発される事例が、後を絶たないのも事実です。

これは一体何故なのでしょうか?
この記事では、摘発される場合と、そうじゃない場合は一体何が違うのかという事、そして実際あった摘発事例の背景、について解説していきたいと思いますので、興味のある方は是非最後までご覧ください。

どういう場合に摘発されるの?

下記の点に当てはまるようなカジノをプレイすると「賭博法」違反となり、摘発対象となります。

① 日本に運営拠点があるネットカジノ
② 日本にサーバーがあるネットカジノ
③ 日本国内に存在するインカジ(インターネットカジノ)

とにかく、日本国内で賭博を行っていると見なされるカジノは、全て違法となり、運営側、利用者側共に摘発対象となってしまいますので、ご注意下さい。

暴力団の資金源?違法カジノの闇

暴力団の資金源?違法カジノの闇
時々ニュースを賑わす「違法カジノ」、「闇カジノ」というワード、一度は見かけたことがあると思います。
日本全国、特に人口の多い都市部の繁華街の一室が舞台となり、警察のガサ入れから、違法カジノ摘発!などのニュースは、昨今では珍しくありません。

それらのカジノの多くは、背景に暴力団の存在があると言われています。

一夜で億単位の金銭が動くカジノは、シノギが厳しくなった暴力団の重要な資金源なのです。
ですが、摘発されても結局は店長までの逮捕の場合が殆どで、カジノの収入の多くを受け取っているハズの、ケツ持ち(後見役)の暴力団関係者までは、中々行きつくことができないのが現状のようです。

違法カジノの多くはインカジ(インターネットカジノ)

違法カジノの多くはインカジ(インターネットカジノ)
別項にて、日本に運営拠点、あるいはサーバーがあるネットカジノは違法と記載しましたが、現在は殆ど確認されていません。
ですので、摘発事件の対象となっている違法カジノの殆どは、インカジ(インターネットカジノ)と呼称される形態のものが殆どです。

インカジの多くは、夕方から深夜にかけての繁華街の一室で運営されています。
客を雑居ビルの一室に案内し、設置されているパソコンでバカラやルーレットなどのゲームをプレイさせる、という方法で行われています。

以前は、繫華街を歩いていると違法カジノの客引き経由で足を運ぶことができましたが、摘発事例が多くなり、紹介者経由でしか知ることができない違法カジノも多くなってきていると言われています。

有名スポーツ選手もハマった違法カジノ

有名スポーツ選手もハマった違法カジノ
数年前の話になりますが、同時バドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手が、違法カジノで賭博を行っていたことが発覚し、当時業界を騒然とさせました。

ただし、現行犯では無かった為、逮捕には至りませんでしたが、無期限の出場停止となり、リオデジャネイロオリンピックの道も絶たれてしまいました。

先輩選手に誘われて6回程足を運んだということですが、トータルで50万円の負けがあったものの「いけないこととは分かっていたが、好奇心もあり、楽しんでいる自分もいた」という供述をしており、違法カジノの射幸性を物語ったニュースとして、当時お茶の間を賑わせました。

海外拠点のネットカジノのプレイには違法性なし!

海外拠点のネットカジノのプレイには違法性なし!
ここまでの記事を読むと、カジノなんて絶対にしない、という気持ちの方も多いかも知れません。
しかし、海外ではカジノは合法であり、日本人が海外に足を運んでプレイする分には裁かれることはありませんし、とてもスリリングな体験にもなります。

ですが、海外まで渡ってまでカジノをプレイできる人なんて、ほんの一握りの存在です。
「カジノに興味はあるけど、自分は一生できないだろうな」という方は、本当にカジノを楽しむことはできないのでしょうか?

いえ、そんな事はありません。

海外の正式なライセンスを取得しているネットカジノであれば、プレイしても違法ではないのです。

これはIR(統合型リゾート)整備推進法案(通称:カジノ法案)が成立した2016年に起きた、スマートライブカジノ事件における裁判の結果からも明らかです。

日本におけるカジノ運営の邪魔になるネットカジノを排除するため、当時スマートライブカジノというサービスをプレイしていた日本人3名が逮捕される、というものでしたが、その内1名が裁判を起こしたことで、「海外の正式なライセンスを取得しているネットカジノを、例え日本国内においてプレイしていても違法とは言えない」という判決が下された事で、今はネットカジノをプレイしていても、逮捕されることは無くなりました。

海外の正式なライセンスの主なもの

ネットカジノと検索して上位ヒットするサービスは、ほぼ全て正式なライセンスを取得しています。
ライセンス取得の旨は公式サイト最下部、もしくは利用規約内に明記されているので、心配な方はチェックしてみましょう。
以下に正式なライセンスの主なものを掲載いたします。

・マルタ共和国
・キュラソー政府
・イギリス
・ベルギー
・ジブラルタル
・マン島
・カナダ

まとめ

海外拠点で正式なライセンスを取得しているネットカジノをプレイしても、現時点で摘発される危険性はありませんので、ご安心ください。

しかし、日本には暴力団などの危険な組織がバックについた違法カジノが後を絶ちません。

ただでさえ違法で、逮捕されると最悪懲役刑を喰らう可能性があるばかりか、有名なスポーツ選手など、知名度のある方が利用すると、その業界での生活も危うくなってしまうという、危険性の方が圧倒的に多いので、絶対にプレイを避けるべきでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA