ライブカジノで遊べるカードゲーム

投稿者:

今人気のオンラインカジノは、何時でも何処でも思い立った時にすぐにできるライトさが、受けているのかもしれません。
インターネットがあれば、パソコンだけでなくてもスマホでギャンブルに参加できるのですから。
特に今では、ライブカジノで本場のカジノの臨場感を味わえます。

そんなライブカジノの中でも、ポーカーとブラックジャックに熱中しているビジネスマンが多くなっています。

ポーカーは、頭脳的なギャンブル!

ポーカーは、主にテキサスポーカーがオーソドックスなゲームとなっていますが、プレイヤーの自分と他のプレイヤー全員が参加して勝負するギャンブルです。
ホール、もしくはポケットカードと言われるカード2枚とテーブルに置かれているプレイヤー共通のコミュニティカード5枚の合計7枚の中から、5枚をセレクトして勝負に出ます。
カードギャンブルの中でも、根強い人気のあるゲームですが、ロイヤルストレートフラッシュのように強い役を作ることにこだわらなくても、ワンペア等の弱い組み合わせの役でも、相手に強いという姿勢をアピールして、ブラフを演じながら、自分以外を勝負から降すこともできるのです。

このようにフォールドやダウンに持ち込んで、勝敗を決することができるメンタルな駆け引きに醍醐味を感じるプレイヤーも多いのです。
この動きができる機会は、1回のゲームの中で4回のチャンスがあります。
この場面が訪れた時、腕の見せ所となります。

初心者のやりがちなこと

ポーカーのルールはそんなに難しくないので基本的なルールをマスターすれば、ハンドを最強することも短時間にできます。
ただ、ゲーム運びを自分のペースに持ち込むためには、何度も実践しなければなりません。
慣れないプレイヤーは、強気で攻めて、大敗しても冷静に攻め続けることができる冷静さを持つようにすることです。

ポーカーで勝つこと

ポーカーで勝つためには、常に積極的に攻めてアグレッシブに賭けることです。
また、高額の配当金を狙い大きな賭け金でベットしながら集中力をキープしつつ勝つタイミングを計り、攻撃的姿勢を緩めないようにしていくことです。
基本的な攻め方をマスターしてゲーム慣れしていくと、テーブル上でベストタイミングで攻撃できるチャンスの到来を理解できるようになってきます。

初心者の人は、どうしても慎重になりすぎるので、ベットすべき時にチェックしまったり、レイズする時にコールしてしまいます。
手堅いオープニングハンドの時は、意識的に積極的にアタックしていくことです。
ポーカーは、経験と勘が必要になりますので、磨けば磨く程に楽しくなってきます。

ブラックジャックも楽しい

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの2人の勝負となります。
もし、複数のプレイヤーがエントリーしていても、2人だけの勝負です。
ゲーム内容は、自分の2枚からスタートして、合計数字が21に近くなった方が勝ちです。

カードの数え方

ブラックジャックは、数字の数え方は普通とは異なります。
2~10はそのままの数字で、J、Q、Kは10としてカウントします。
そして、Aは、1か 11として見なします。

ブラックジャックの勝ち方

ブラックジャックのゲームの進め方は、プレイヤーである自分から役を確定します。
複数プレイヤーが参加している時も、全員の役が固まってから、ディーラーの番となります。
ディーラーが、21を越えたならバースト(失格)で負け。

しかし、プレイヤーとディーラーがバーストした場合は、プレイヤーが先に失格状態のために引き分けではなく、プレイヤーの負けとなります。
AとJ、Q、Kの組み合わせパターンがブラックジャックですが、カード3枚以上で21が完成していても、ブラックジャックが優先的に勝ちです。
他に、ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーが勝ち。
配当は通常2倍の所、ブラックジャックの役で勝つと2.5倍。

配当金倍率はさほど高くはありませんが、攻め方が楽しくなるゲームです。

ブラックジャックの魅力

ブラックジャックは、スロットのようにひたすらに回すだけのゲームではないのでスピーディーなゲームではありません。
追加のカードをもう1枚引くかどうかが勝負していくことから、頭脳的なゲームでもあり、知識や経験をフル動員させながら進めるスキル的が問われるゲームです。
そんな頭を使う駆け引きがとても楽しくなり、この点をこの上なくな楽しむプレイヤーが多いのです。

また、ディーラーは手持ちカードが16以下なら、必ず3枚目引くルールがあるので、21をオーバーして失格になる確率が高くなり、プレイヤーの勝率が高くなります。
ライブカジノで攻めるには、ぴったりのギャンブルです。

ベーシックストラテジーもマスターしよう!

ブラックジャックには、ベーシックストラテジーという攻略法があります。
1つの例としては、ディーラー1枚目が5なら、必ずカードを引いて2枚目が10なら、3枚目に7以上出ることでバーストとなります。
7以上の出る確率は、50枚中27枚と50%を越えています。
このような確率で分析しなから、攻め方を決めていくベーシックストラテジーが、ブラックジャックの攻略法です。

このように配られたカードとディーラーの見えているカードを見比べ、カードをもらうべきかもらわない方が良いのかを確率的に計算し、まとめたものです。
ベーシックストラテジーのパターンは表になっているので、ビギナーは表を見ながら進めていくことで、自然と覚えていけます。
ポーカーやブラックジャックは、オンラインカジノの中でも、相手の顔を把握するライブカジノでプレイを楽しめるギャンブルです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です