オンラインカジノを日本国内で遊んで逮捕されないために注意するべきこと

投稿者:

現在の日本には、オンラインカジノプレイヤーを取り締まる法律は存在しないため、海外拠点のオンラインカジノでしたら違法性が問われることはありません。
ただし法律が存在しないということは合法とも言えませんので、オンラインカジノは法的に「グレーゾーン」となります。
グレーゾーンだからこそ、オンラインカジノで遊ぶ時には十分な注意が必要で、少しの勘違いや情報の無さで違法に傾いてしまうことがあります。

そこで今回は、オンラインカジノを日本国内で遊んで逮捕されないために注意するべきことをご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。
オンラインカジノは、正しい知識を持つことで、逮捕や摘発を恐れること無く楽しむことができます。

ライセンスを所持する合法オンラインカジノで遊ぶ

オンラインカジノにはライセンスを持たない違法オンラインカジノも多く、万が一そこで遊んでしまうと逮捕される危険性があります。
またバレずに逮捕されなかったとしても、違法オンラインカジノでは当たり前のようにイカサマをしていますし、入出金させてくれないなど、様々なトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。
だからこそ、ライセンスを所持する合法オンラインカジノで遊ぶのが基本です。

ライセンスの有無に関しては、オンラインカジノのサイト内に必ず明記されていますが、ライセンスそのものの信頼性も非常に重要です。
現在複数の国でオンラインカジノライセンスを発行していますが、中には審査もせず、ただお金を払うだけでライセンスが発行される国もあります。

信頼性の高いライセンスとして、マルタ共和国・ジブラルタル・マン島・キュラソー島が挙げられ、大手と呼ばれる日本語対応のオンラインカジノの多くは、これら国のライセンスを所持しています。

インカジ店は絶対に利用しない

インカジ店は絶対に利用しない

裏カジノや闇カジノとも呼ばれるインカジ店とは、オンラインカジノをプレイできる違法店のことです。
インカジの店内には、オンラインカジノにアクセス可能なたくさんのパソコンが設置されており、客はアカウント登録することなくすぐにカジノゲームをプレイすることができます。

ただのゲームでしたら問題無いのですが、インカジ店では実際にお金を賭けてのカジノゲームのため、完全なる違法行為です。
インカジ店で働く従業員にお金を渡すと、自分が座るパソコンのアカウントに反映され、勝利金を出金する場合も、従業員に伝えることでアカウントのクレジットがリセットされ、手渡しでもらえます。

インカジ店側は賭博開帳図利罪や常習賭博罪が適用され、遊ぶ客も単純賭博罪、もしくは常習賭博罪が適用され逮捕となります。

オンラインカジノが違法ではないのは、あくまでも個人でアカウントを作成し、オンラインカジノが指定する入出金方法で遊んだ場合に限ってであり、国内で直接的なお金の受け渡しは違法になります。

最近では堂々と「インターネットカジノ」「オンラインカジノカフェ」などと看板を設置し営業しているインカジ店もありますが、もちろん違法です。
「知らなかった」「合法だと思った」と言い訳は一切通じず、インカジ店に足を踏み入れた時点で逮捕のリスクがありますので、絶対に利用してはいけません。

プレイ状況をSNS等で公にしない

プレイ状況をSNS等で公にしない

オンラインカジノに違法性はありませんが、あくまでも違法では無いだけで合法では無いため、あまり堂々とプレイ状況をSNS等で公にしない方が無難です。
コソコソプレイしよう…っという表現は後ろめたさがある感じでおかしいですが、グレーゾーンである以上、堂々と公にするのはおすすめしません。

その理由として、2016年に発生した「ドリームカジノ事件」が挙げられ、日本人に特化したオンラインカジノで遊んでいたプレイヤーが逮捕されました。

ドリームカジノは海外を拠点にした合法のオンラインカジノですが、日本人ディーラーを採用し、日本の夕方から深夜にかけてライブカジノが実施されていたため、胴元が日本いると見なされてプレイヤーの逮捕に至りました。
もちろん海外拠点のドリームカジノへ顧客リストの開示請求はできません。

そこで警察の捜査により、ドリームカジノ内で使われていたユーザーIDが、SNSに投稿していたIDと一致したため、プレイヤーが特定されてしまいました。
このような事例も過去にあるため、リスクを最小限するためにも、SNS等へのプレイ状況の投稿は控えるようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は、オンラインカジノを日本国内で遊んで逮捕されないために注意するべきことについて詳しくご紹介させていただきました。
オンラインカジノ自体は違法ではありませんが、ライセンスを持っていないオンラインカジノで遊ぶことは違法となります。

また同じオンラインカジノでも、店舗型のインカジ店は言い逃れ不可能な完全なる違法であり、そこに足を運んでいる客も単純賭博罪や常習賭博罪で逮捕されます。

そしてオンラインカジノはグレーゾーンなのですから、無闇にSNS等にプレイ状況を投稿するのは避けるようにしましょう。
正しい知識さえ持っていれば、オンラインカジノは安心安全に遊べて、勝ちやすいギャンブルなのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA