基本を忘れないことが肝要

投稿者:

話題のオンラインカジノ

オンラインカジノは、ラスベガス、マカオ、シンガポールなどの本場のカジノの世界を、インターネット上で楽しめるという、新しい形のオンライン上のネットカジノです。
カジノという名前の通り、ルーレットやスロット、バカラやブラックジャックなどといった、カジノでおなじみのゲームの数々で遊ぶことが出来ます。
また、オンライン上だからといって、ゲームで遊ぶだけで終わるのではなく、リアルマネーを自由に賭けることが出来ます。
勝てば、本当にお金を貰えますし、負ければ、お金を失うことになりますが、本場のカジノと同様に、スリリングな駆け引きが楽しめるといえるでしょう。

多くのオンラインカジノは、日本語化されていて、日本人プレイヤーも遊びやすくなっていますので、今はそれほど英語力も必要有りません。
また、ギャンブルが苦手な初心者の方も無料ゲームから始めることが出来ますので、ゲームのルールをある程度把握してから、実際にお金を賭けることが出来ます。
また、オンラインカジノは、一流企業が運営をしているケースが多く、海外では有名な信頼性のある株式上場企業がカジノ事業に乗り出していることがほとんどです。
中には、映画作品とのタイアップゲームを導入したり、有名なスポーツチーム、特にサッカーなどのスポンサーを務めていることも多いです。

オンラインカジノとライセンス取得について

オンラインカジノは、イカサマっぽい印象がありますし、運営をするのは誰でも運営することができるのではないかと思っている方は非常に多いです。
オンラインカジノは、日本ではまだ馴染みが薄い上、運営元の企業も外国の企業なので、イマイチよく分からないという方も多いのでしょう。

しかし、オンラインカジノは、信頼性に関しても極めて高く、大手のオンラインカジノについては、政府からの許可を得て運営していますので、イカサマをしようがありません。
オンラインカジノは、合法とされている、イギリスやフィリピン、ジブラルタル、マルタ共和国、キュラソーなどといった数多くの国で、ライセンスを取得した上で運営されています。
また、誰でも許可証をが発行されるというわけではなく、公平性はもちろんですが、企業の健全性や財務状況、反社会性組織との関わりがないかどうかなど、細かい経歴もチェックされることになります。
ライセンスが発行されるまでには、半年以上の長い月日がかかり、高額なライセンス料がかかります。
そもそも、ライセンス料を支払うことが出来る余裕がなければ、政府の認定を受けることも出来ませんし、申請が出来ません。
よってライセンスを取得しているオンラインカジノは、これだけの審査をクリアしているので、安全性は確立されているといえるでしょう。

オンラインカジノのライセンスの基準は、国によって実はバラバラなのですが、ライセンス基準の厳しい国の許可を取っていれば、それだけ信頼に値するといえます。

オンラインカジノの公平性の監査

オンラインカジノは、ライセンスを取得すればそれでやりたい放題自由に運営が出来るというわけではありません。
そうなると、運営側が不正をやり放題になってしまうことになります。

オンラインカジノは、ライセンスを取得した後にも、外部の第三者である監査機関から、徹底した監査を受けています。
この監査は大変厳しいもので、プログラムの公平性や、ペイアウト率、そしてサポートに関することなども全て監査を行います。
抜き打ちで定期的にチェックされ、監査結果はデータとして公表されることになり、不正があれば、その時点でライセンスが剥奪されてしまうことになります。
今まで、これらの外部監査機関の監査を受けているオンラインカジノで、不正があったというデータはありません。
オンラインカジノは、こういった不正をしなくても、実は儲かるシステムになっていますので、敢えて不正をするメリットはありません。また不正をしたら、このように第三者機関による監査でそれらがデータ化され、公表されてしまいますので、企業の信用度が落ちてしまいます。
オンラインカジノの運営業者は、上場企業であり、人々の信頼を何よりも重視していますので、一時の儲けのために、自分たちの信頼が失墜してしまうような事はしないといえるでしょう。

オンラインカジノで、ライセンスを取得しており、定期的に監査を受けているところは、問題なく安全にプレイが出来るといえるでしょう。

オンラインカジノの違法性、日本では問題ないの?

オンラインカジノの違法性ですが、日本では、具体的なオンラインカジノに関する法律そのものが存在していません。
賭博罪というものはありますが、これは胴元、プレイヤーがどちらも逮捕できることが条件ですので、海外を拠点とするオンラインカジノは、適用外となります。
従って、オンラインカジノは、合法であると言い難いのですが、摘発される可能性は極めて少ないですし、自宅でプレイする分には安全なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です