真逆の運用法となる2つの倍掛け法

投稿者:

オンラインカジノに関する攻略法は、色々あります。
よく知られている方法はマーチンゲール法で、負け続ける限りはベット額を倍々にしていく事になります。
また、それとは逆のパーレイ法もあって、勝ち続ける限りはベット額を倍にしていくのです。

真逆の運用法となる2つの倍掛け法

マーチンゲール法の具体的なやり方

オンラインカジノでプレイできるゲームによっては、配当が2倍になっている事があります。
例えばカジノで10ドル賭ける場合、一旦は10ドルを支払う訳です。

ゲームで負けた場合、特にドルを受け取る事はできませんから、利益額はマイナス10ドルになります。
しかし買った時には倍額の20ドルを受け取れますから、10ドルの利益になるのです。ちなみに配当3倍であれば、30ドル受け取れます。

ところで冒頭で触れたマーチンゲール法は、負けた時にはお金を2倍賭ける事になるのです。
ですから上述のように10ドル負けた時には、次のゲームで20ドル賭けます。
もしも勝つ事ができれば、配当2倍のゲームである以上、40ドル受け取れる訳です。

しかし実際にはゲームで負けて、上述の20ドルを失うこともあるでしょう。
その場合は、40ドル賭ける訳です。
勝てば80ドル受け取れるので、差し引き50ドル分の利益にはなります。
このようにマーチンゲール法では、負け続ける限りは倍額を賭けていく訳です。

パーレイ法の具体的なやり方

そしてパーレイ法は、そのマーチンゲール法の逆のやり方になります。
勝った場合のみ、お金を2倍にしていくのです。
ですから上述の例のように、一番最初のゲームで10ドル賭けて運良く勝つ事が出来た場合、配当が2倍ですから20ドル受け取れるのです。

パーレイ法は前ゲームの2倍のお金を賭けるルールになるので、20ドルを受け取った後は改めて20ドル賭けます。
勝てば40ドル受け取れますが、その場合は40ドル賭けていくのです。
つまりパーレイ法は、勝った時に受け取った金額分を賭け続けていく事になります。
それでどこかのタイミングで負けた時は、また10ドルからやり直しします。

マーチンゲール法の主なメリット

上述の2つの方法は、それぞれメリットとデメリットがあります。
まずマーチンゲール法のメリットですが、とにかく勝つ事さえできれば、最終的には利益が発生するのです。
上記のように40ドル賭けた時は、連敗こそしているものの、結局は50ドル分の利益が発生するでしょう。
つまりその利益が、マーチンゲール法のメリットです。

そもそも連敗は、永久に続く訳ではありません。
何度か連敗するとしても、結局どこかで勝つタイミングが到来します。
その時に一発逆転できるのは、マーチンゲール法のメリットと言えます。

波に乗れば大きく稼げるパーレイ法

それに対してパーレイ法のメリットですが、勝ち続ければ大きな利益を受け取る事はできます。
上記の40ドルの例ですが、そこで勝てば80ドル受け取れるでしょう。
さらに勝てば、実に160ドル受け取る事ができます。
つまり連勝できれば、非常に大きな利益を受け取れる訳です。

連勝によって稼げる金額は、マーチンゲール法よりも大きいです。
波に乗っていれば一気に大きく稼げるのは、パーレイ法のメリットになります。

ベット上限額以上は賭けられない

ベット上限額以上は賭けられない

しかしその2つの方法は、どちらもデメリットがあります。
まず両者に共通しているデメリットが1つあって、カジノのベット上限額によっては、その方法が通用しなくなってしまうのです。

というのもオンラインカジノによっては、賭けられるベット額の限界値を定めている事があります。
もしもカジノが「最大50ドル」という限界値を設定していれば、80ドルなどを賭ける事はできません。
パーレイ法の場合は連勝がストップしてしまいますし、マーチンゲール法は3回負けた時点でゲーム終了になってしまいます。

その他のデメリット

それとマーチンゲール法は、かなり大きなお金が必要です。
確かにお金が無限にあれば、上記のような方法は通用するでしょう。
しかし、もちろん手持ち予算には限界があります。20連敗もすれば、相当な予算が必要なのです。

またパーレイ法には、1回の負けで全てが帳消しになってしまうデメリットがあります。
上述のように勝ち続けられれば良いですが、次のゲームで80ドル賭けて負けてしまった時は、結局利益がゼロになってしまいます。

パーレイ法とマーチンゲール法はどちらが有利か

パーレイ法とマーチンゲール法はどちらが有利か

ではマーチンゲール法とパーレイ法のどちらがおすすめかと言われれば、パーレイ法の方が若干有利です。
確かに1回負ければ帳消しになってしまうものの、稼げる金額は大きいです。
勝ち続けている限りは、大きな利益を得られるメリットは大きいです。

それに対してマーチンゲール法の場合、得られる利益は若干限られてしまいます。
たとえどこかのタイミングで勝つ事ができても、それほど大きく稼げる訳ではありません。
稼げる度合いを考慮すれば、やはりパーレイ法の方が有利です。

パーレイ法は引き際が肝心です。
基本的には、3連勝ぐらいで中断するのが無難です。
4連勝するのは、かなりハードルが高いからです。
打ち切りのタイミングを決めておけば、稼ぎやすい方法ではあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です